Both

ログを生成する方法

弊社のサポートチームは、問題解決のためにプログラムの詳細ログを求めることがあります。これらのログには、パスワードや個人情報は含まれていません。 詳細ログを取得するには、以下の操作を行います: タスクトレイのAOSBOXアイコンを右クリックして AOSBOX ホーム画面を表示する をクリックします。 AOSBOXホーム画面から 設定 をクリックします。 左ペインから、 環境設定 をクリックします。 全般 タブの ログファイルを取得する チェックを入れます。 ✅ をクリックして保存します。 タスクトレイのAOSBOXアイコンを右クリックして 終了する をクリックします。AOSBOXを一度終了させます。 デスクトップ、またはスタートメニュー(スタート画面)から、AOSBOXを再実行します。 問題のある動作を実行して再現させます。 上記 1.~3. の操作を行い、全般 タブの ログを開く をクリックします。 Logs フォルダーのすべてのファイルを選択して、Zip形式などに圧縮します。Windows エクスプローラーの右クリックメニューから 送る > 圧縮(zip 形式)フォルダー をクリックすると簡単です。 作成された Zipファイル をサポートチームに送ります。 アンチウィルス プログラムがインストールされている場合、ログの作成を妨げないようにするために、次のフォルダーをスキャンの対象外に設定してください。 C:\Users\(Your Username)\AppData\Roaming\AOS *AppData、およびApplication Dataフォルダーは隠フォルダーです。 (AOSBOX Businessのみ)ポリシーが割り当てられているユーザーでログを取得するには、 こちら をご覧ください。

Read More
BusFeat

ポリシーが割り当てられたユーザーのログを生成する方法

【NOTE】この内容は、AOSBOX Businessをご利用の場合のみに適用されます。 ポリシーが割り当てられたユーザーは、設定画面を開けなくなります。その際は、以下のように操作してログファイルを生成します。 Windows エクスプローラーを開いて、Cドライブの直下にテキストファイルを作成します。Cドライブ直下を表示している状態で、右クリックメニューから新規作成 > テキストドキュメント をクリックします。 右クリックメニューにテキスト ドキュメントが存在しない場合、いったん別のフォルダーに新規テキスト ドキュメントを作成してCドライブにコピーしてください。 作成したテキストファイルの名前を、EnableZoolzLog.txt に変更します。 AOSBOXのタスクトレイアイコンを右クリックして 終了する をクリックして、一度AOSBOXを終了させます。 ポリシーによってAOSBOXの終了が許可されていない場合は、パソコンを再起動させてください。 AOSBOXを起動します。 問題のある動作を実行して再現させます。 以下の内容を、Windows エクスプローラーのアドレスバーにコピー&ペーストします。 %appdata%\AOSBOX Business DB\AOSBOX Business DB\Jobs\{6E820F39-1F0F-4C22-A9F6-5E7CAE6F6FA7} Logs フォルダーのすべてのファイルを選択して、Zip形式などに圧縮します。Windows エクスプローラーの右クリックメニューから 送る > 圧縮(zip 形式)フォルダー をクリックすると簡単です。 作成された Zipファイル をサポートチームに送ります。  

Read More
Both

AOSBOXマーカーが正しく表示されません。

最初に、AOSBOXマーカーが有効になっていることをご確認ください。 方法1: パソコンから AOSBOXのタスクトレイアイコンを右クリックして AOSBOX ホーム画面を表示する をクリックします。 AOSBOXホーム画面から 設定 をクリックします。 左ペインから、 高度な設定 をクリックします。 AOSBOXのマーカーを表示する をチェック、またはチェックを外して有効/無効を設定します。 ✅ をクリックして適用します。   方法2: Web管理ページから 【以下の方法は、AOSBOX Businessのみに適用されます】 AOSBOX Web管理ページにアクセスしてログインします。 ポリシー タブをクリックします。 ポリシーの作成 をクリックするか、既存のポリシーの列の 編集 アイコンをクリックします。 設定 タブをクリックします。 AOSBOXのマーカーを表示する にチェックを入れます。 保存 をクリックして、変更を保存します。 ポリシーをユーザーに割り当て します。     上記設定が有効になっているのに、AOSBOXマーカーが表示されないのはなぜ? AOSBOXマーカーのような、アイコンオーバーレイ を使用するプログラムが複数存在する場合、WindowsによってAOSBOXマーカーが無効になる可能性があります。 Windowsのアイコンオーバーレイは15が上限数となっております。一部はシステムによって使用される(ショートカットの矢印など)ため、その他のアプリケーションが使用できるアイコンオーバーレイの数はそれよりも少なくなります。   Windows のライブラリーの、ドキュメント、ピクチャ、ミュージック、およびビデオの各トップフォルダーは、サードパーティー製のアイコンオーバーレイの使用ができないようになっております。ただし、各ライブラリー内のファイルやフォルダーにこの制限はありません。

Read More
BusFeat

Webブラウザーにファイルをドラッグ&ドロップしてアップロードできません。

【NOTE】この内容は、AOSBOX Businessをご利用の場合のみに適用されます。 Webブラウザーへファイルをドラッグ&ドロップして直接ファイルをアップロードできるかどうかは、お使いのWebブラウザーに依存します。 Internet Explorer を使用している場合、ドラッグ&ドロップしてアップロードすることはサポートされません。 Firefox を使用している場合、フォルダーごとドラッグ&ドロップしてアップロードはできません。ファイル単位のみサポートされます。 Google Chrome の場合はファイルやフォルダーをそのままドラッグ&ドロップしてアップロードすることができます。 Google ChromeでログインしているGoogleアカウントの種類によっては、ドラッグ&ドロップによるファイルアクセスがブロックされる場合があります。その場合は、Googleアカウントからログアウトしてください。   Webブラウザーにファイルをドラッグ&ドロップして直接アップロードする機能は、通常のストレージにアップロードする場合にのみ有効な方法です。

Read More
BusFeat

右クリックメニューの「共有」が使用できません。

【以下の内容は、AOSBOX Businessのみに適用されます】 原因には、2つの理由があります: 共有したいファイル・フォルダーがバックアップされていない 共有するには、最初に AOSBOXにファイルを追加 する必要があります。 コールドストレージにバックアップされている コールドストレージにバックアップされているファイル・フォルダーは、共有できません。通常のストレージにバックアップする必要があります。

Read More