Both

ボリュームシャドウコピーサービス(VSS)は、システム上のアプリケーションがボリュームに書き込みをしていきながら、ボリュームのバックアップを実行できるようにするためのフレームワークを実装するCOM APIのセットです。
このサービスにより、アプリケーションが使用していてロックされているファイルでもバックアップが可能になります。

ボリュームシャドウコピーサービスがパソコン上で実行されていない場合、AOSBOXはロックされたファイルのバックアップに失敗します。
このサービスのステータスを確認するには、以下の操作を行ってください。

  1. [スタート ] メニュー「ファイル名を指定して実行」をクリックするか、Windowsキーを押しながら[R]キーを押します。
  2. 入力欄にservices.mscとし、Enterキーを押します。
  3. サービス一覧から、 Volume Shadow Copy Service を探し、その上で右クリックして[プロパティ]をクリックします。
  4. ダイアログの [全般 ]タブで、サービスが「開始」していることを確認してください。
    もしなっていない場合は、サービスのスタートアップの種類を[自動]に設定してパソコンを再起動してください。
  5. サービス一覧の Microsoft Software Shadow Copy Provider も同様にご確認ください。

 

また、このサービスに関連するエラーが最近にあるかどうかWindowsイベントビューアを確認してください。

  1. [スタート ] メニュー「ファイル名を指定して実行」をクリックするか、Windowsキーを押しながら[R]キーを押します。
  2. 入力欄にeventvwrとし、Enterキーを押します。
  3. イベントビューアの左側のパネルから[Windowsログ ] →[ アプリケーション] から、最近発生しているAOSBOX Serviceのエラーを検索してください。

 

Tagged: