BusFeat

共有されたファイルへのアクセス方法

ファイルの共有先ユーザー(共有の相手)は、下記に示す方法で共有されたファイルにアクセスすることができます: 方法1:送信されたメールから 共有元のユーザーが「ユーザー/メールアドレス」タブから、ユーザーまたはメールアドレスを指定して共有を行った場合は、該当のユーザーまたはメールアドレス宛に共有ファイルにアクセスするためのリンクを含むメールが送信されます。 リンクをクリックすることで、共有されたファイルにアクセスすることができます。   方法2:Web管理画面から 共有元のユーザーが「ユーザー/メールアドレス」タブから、ユーザーを指定して共有を行った場合は、Web管理画面に該当ユーザーでログインし、「マイファイル」タブ内の共有されたファイル一覧からアクセスすることができます。 AOSBOX Web管理ページにアクセスしてログインします。 共有先のユーザーでログインを行います。 マイコンピューター タブ①をクリックし、共有されたアイテム ②をクリックします。 共有ファイル一覧から目的の共有ファイル③をクリックします。 また、この場合は該当のユーザーのメールアドレス宛に共有ファイルにアクセスするためのリンクを含むメールが送信されますので、そこからアクセスすることも可能です。   方法3:URLを直接開く 共有元のユーザーが「リンクを作成」タブから共有リンクを生成した場合、共有元のユーザーがそのリンクをSNS等を経由して共有先のユーザーに知らせることで、共有先のユーザーが共有されたファイルにアクセスすることができるようになります。

Read More
BusFeat

共有設定の「アクセスされたことを通知する」は、いつどのように通知されますか?

【以下の内容は、AOSBOX Businessのみに適用されます】 これは、共有されたファイルやフォルダーがダウンロードされたときに、共有したユーザーのメールアドレスに通知メールが送信されます。 サムネールのプレビューや音楽のストリーミング再生の際は、通知されません。  

Read More
Both

AOSBOXの右クリックメニュー オプション

AOSBOXには、Windows エクスプローラーの右クリックメニュー オプションがあります。 バックアップに追加: バックアップされていないファイル/フォルダーを右クリックしたときにこのオプションが表示されます。 バックアップから削除: バックアップ済みのファイル/フォルダーを右クリックしたときにこのオプションが表示されます。 AOSBOX: サブメニューとして、削除されたファイルを表示する と 世代を表示 があります。 共有: (AOSBOX Businessのみ) 通常のストレージにバックアップされているファイル/フォルダーを右クリックしたときにこのオプションが表示されます。   右クリックメニューは、次のようにして有効/無効を変更できます: 方法1: パソコンから AOSBOXのタスクトレイアイコンを右クリックして AOSBOX ホーム画面を表示する をクリックします。 AOSBOXホーム画面から 設定 をクリックします。 左ペインから、 高度な設定 ①をクリックします。 右クリックメニューを有効にする ②をチェック、またはチェックを外して有効/無効を設定します。 ✅ ③をクリックして適用します。   方法2: Web管理ページから 【以下の方法は、AOSBOX Businessのみに適用されます】 AOSBOX Web管理ページにアクセスしてログインします。 ポリシー ①タブをクリックします。 ポリシーの作成 をクリックするか、既存のポリシーの列の 編集 アイコンをクリックします。 設定 タブ②をクリックします。 右クリックメニューを有効にする③ をチェック、またはチェックを外して有効/無効を設定します。 保存 をクリックして、変更を保存します。 ポリシーをユーザーに割り当て します。  

Read More
Both

AOSBOXは安全ですか?

パソコン上にファイルを保存しておくよりも、AOSBOXに保存されている間、あなたのファイルは実際に安全です。 他の人はあなたのファイルを見ることはできません。また、あなたは他の人のファイルを見ることもできません。 AOSBOXのスタッフも同様に、あなたのファイルの内容にアクセスすることはできません。 ほとんどのオンラインサービスと同様、AOSBOXのスタッフのごく一部は、当社のプライバシーポリシーに記載されている理由のために、ユーザーのメタデータ(ファイル内容以外の情報。たとえばファイル名や場所)にアクセスできる必要があります(合法的に必要な処置を行うため)。 詳細情報 AOSBOXは、複数の暗号化方式を使用してデータを格納します。 ファイルはアップロードされる前に、パソコン側で 256bit-AES を用いて暗号化されます。任意で 独自のパスワードを設定する ことも可能です。 通信に SSL(Secure Sockets Layer)を使用します。 (※) Amazon S3 ストレージサーバー側での暗号化(SSE)を使用して暗号化されます。詳細については、Amazonのセキュリティの概要をご確認ください:  http://aws.amazon.com/articles/1697 (英語) 共有ファイルは、受信者のパソコンで復号化されます。 独自の暗号化パスワードを指定すると、パスワードを忘れた場合にファイルを復元することができなくなりますので、安全な場所に保管してください。 (※)通常、SSL通信はポート番号443を使用しますが、AOSBOXは通常のHTTPポート番号(80)を使用します。任意でポート番号443を使用するように設定できますが、プロトコルの仕様上バックアップ速度が低下します。AOSBOXは通常のHTTPポート番号を使用する場合も、すべての通信を暗号化します。

Read More
Both

AOSBOX Viewerとは何ですか?

AOSBOX Viewerは、iPhone、iPad、iPod touch、およびAndroid端末で、バックアップ済みファイルに対して次のことができるようにするアプリです: ファイルの一覧表示 画像ファイルのプレビュー 音楽/動画ファイルのストリーミング再生 ファイルの共有 ファイルの検索 ファイルを端末に保存(ダウンロード) お気に入りに追加(オフライン再生) 上記の機能のいくつかは、通常のストレージに保存されたデータに対してのみ適用されます。

Read More
BusFeat

ファイル共有に関する一般的な質問と回答

Q. 共有ファイルは暗号化されますか?もしそうなら、パスワードを共有相手に送る必要がありますか? A. 共有ファイルは暗号化されますが、パスワードを送る必要はありません。   Q. AOSBOXを持っていない人とファイルの共有はできますか? A. できます。共有されたファイルを開くために、AOSBOXのクライアントは不要です。共有ファイルを開くにためのリンクは、メールやチャット、SNSなどを通して共有相手に送信します。共有相手は、このリンクをクリックすることで共有ファイルを開いたり、ダウンロードすることができます。   Q. 共有ファイルは、すべての人に公開されますか? A. 共有ファイルは、リンクからのみアクセスできるように会っていますので、そのリンクをどのように扱うかによります。例えば、ブログなどに記載すると、そのブログを閲覧できるすべての人が共有ファイルにアクセスできることになります。特定の個人宛にメールで送信した場合、相手が他の手段で公開しない限り、アクセスできるのはその相手だけになります。 共有設定を追加 すると、ダウンロードを1回のみに制限したり、アクセスされるたびに通知を行うようにして、セキュリティを高めることができます。   Q. 共有できるファイルの最大サイズはありますか? A. ファイルサイズに制限はありません。ストレージ容量が足りていれば、どのような大きさのファイルも共有できます。

Read More
BusFeat

共有を解除するにはどうすればいいですか?

【以下の内容は、AOSBOX Businessのみに適用されます】 共有を解除するには、次の操作を行います。 AOSBOX Web管理ページにアクセスしてログインします。 マイコンピューター タブ①をクリックします。 共有コンテンツの管理 ②をクリックします。共有されているファイル・フォルダーの一覧表示から、目的のファイル・フォルダーを選択します。 共有を削除 ③をクリックすると、その項目の共有を解除できます。

Read More

どのようにしてファイルやフォルダーを共有することができますか?

AOSBOX Business版、通常のストレージにバックアップしたファイルを、他のユーザーと共有することができます。 通常のストレージを持たないCool版では、ファイルの共有機能を使用することができません。   パソコンから共有する: AOSBOXにアップロード済みのファイル・フォルダーを右クリックします。 任意のファイルを右クリックしたときに、コンテキストメニューでAOSBOXのオプションが表示されない場合は、AOSBOXの右クリックメニュー オプションを有効 にしてください。 共有 をクリックします。 共有ウィンドウが開きます。3つの方法があります: ユーザー情報: 指定したAOSBOXユーザーに対して共有を行います。共有先のユーザーは、共有ファイルにアクセスするためのリンクを含むメールを受信できるほか、Web管理ページの マイコンピューター タブにある「共有されたアイテム」から共有ファイルにアクセスすることができます。 また、この方法に限り、共有先ユーザーの対して共有ファイルの権限を、「閲覧とダウンロード」または「フルアクセス」から選択することができます。「フルアクセス」はフォルダーを共有にした場合に有効となり、そのフォルダーはWebフォルダーのように、共有先ユーザーがファイルのアップロードや更新、削除を行うことができるようになります。 リンク作成:アクセスするためのリンクが表示されます。コピーして、メールメッセージやチャット、SNSに貼り付けて送信して共有します。 メール: リンクを含むメールを直接相手に送信します。 また、共有のための設定を行うことができます。 パスワードの設定:共有ファイルにアクセスするためのパスワードを設定します。共有ファイルの表示およびダウンロードの際にパスワードの入力が必要になります。 アクセスされたことを通知:ファイルがダウンロードされるたびに、その時間のタイムスタンプ (日付と時刻) と共に、アカウントがリンクされているメールアドレス宛にメールが送信されます。 有効期限の設定:有効期限を指定します。指定した日から該当の共有ファイルにはアクセスできなくなります(実際にアクセス可能なのは指定した日の前日までとなります)。 パソコンからは、一度に最大10までのファイルとフォルダーを共有できます。   Web管理画面から共有する: 【この方法は、Business版のみに適用されます】 AOSBOX Web管理ページにアクセスしてログインします。 マイコンピューター タブ①をクリックします。 左ペインのパソコン/サーバー一覧から、共有したいファイル・フォルダーが含まれているパソコン/サーバーを選択します②。 共有したいファイル・フォルダーにチェック③を入れ、右クリックメニューの共有④、またはファイル一覧上部の 共有 アイコン⑤をクリックします。 共有ウィンドウが表示されます。上記「パソコンから共有する」と同じように、複数の共有の方法がありますので、希望する方法を選択して設定を行います。 モバイルアプリから共有する: この方法では、共有ファイルにアクセスするためのリンクを発行できます。 お使いのスマートフォン/タブレットにAOSBOX Viewerをインストールします。 お使いのアカウントにログインします。 共有したいファイルを参照します。 ファイルを長タップして表示されるメニューから リンクを共有 をタップします。 共有する方法を選択します。これはスマートフォン/タブレットの機種によって異なります。 リンクを受信した相手は、そのリンクから共有ファイルにアクセスすることができます(ブラウザーが開きます)。

Read More