サロゲート文字、環境依存文字について

AOSBOXのWeb管理ページで、以下の示すような入力欄にサロゲート文字や環境依存文字を入力したときに、正しく動作しなくなる可能性があります。 これらの文字を避けてください。 マイコンピューター タブにある、検索フォーム マイコンピューター タブで「新規フォルダーを作成」ボタンをクリックしたときの入力フォーム アカウント設定の、ユーザーの名前、ユーザーのメールアドレスおよびパスワード   機種依存文字の一例 ①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯ №㏍℡㊤㊥㊦㊧㊨㈱㈲㈹㍾㍽㍼㍻㎜㎝㎞㎎㎏㏄㎡㌃㌍㌔㌘㌢㌣㌦㌧㌫㌶㌻㍉㍊㍍㍑㍗ⅠⅡⅢⅣⅤⅥⅦⅧⅨⅩⅰⅱⅲⅳⅴⅵⅶⅷⅸⅹ ≒≡∮∑√⊥∠∟⊿∵∩∪   サロゲート文字の一例  

Read More
Both

コールドストレージとはなんですか?

コールドストレージとは、ほとんどアクセスされないデータのために最適な、非常に低コストで安全性と信頼性の高いストレージソリューションです。これは、ファイルが世界中の複数の施設にわたって重複して、長期間ファイルを格納するように設計されています。お使いのハードウェアが破損しても、あなたのファイルはここで保護されます。 他のサービスとは異なり、AOSBOXのコールドストレージは、長期間格納するために設計されています。任意の追加費用や一定期間後の削除の必要なく、使用されなくなったパソコンや外付けハードディスクなどデータを保管します。 コールドストレージは、安全で信頼性の高いAmazon Glacierを利用しています。コールドストレージは、Amazon Glacierをすべてのための実用的なソリューションとなりうるために、使いやすさを高めています。Amazon Glacierをそのまま利用するためには、多くの手続きが必要になりますが、AOSBOXではAOSBOXアカウントに登録するだけで利用可能な状態になります。 機能 低コスト:  Cool版ユーザーは500円/月で無制限に使用可能(Business版は1TB 5000円/月) 長期保管: バックアップ後、バックアップ元ドライブがなくなっても、AOSBOXは これらのデータを勝手に削除したり、失くしたデータとしてマークすることはありません。 二重保護: デュアルバックアップは、ローカルネットワーク、または外付けドライブにバックアップのコピーを保存する機能を有しています。 瞬時に復元: デュアルバックアップを用いて、通常3~5時間かかるコールドストレージからの復元時間を短縮します。 機器の置き換えに:  物理的破損の起きやすいテープストリームや(アーカイブ用の)NASなどの代わりに利用できます。 自動増分バックアップ: 最初のバックアップの後、新規または変更されたファイルのみがバックアップされます。 ブロックレベル バックアップ:  Outlookメールなどのサイズの大きいファイルを細分(ブロック)化し、変更部分のみをバックアップします。 写真やRAW画像のサムネイル プレビュー 3重暗号化 高い耐久性と信頼性: バックアップ データは、複数の施設を介し、各施設で複数のデバイス上で重複して保存されます。 重複除外: ファイルは、重複したファイルの再アップロードを避けるために、処理される前に3段階(パソコン、OEM、グローバル)で比較されます。  

Read More

AOSBOXを実行するためのシステム要件は?

Windows版: クライアントは、Windowsでのみ動作します。推奨環境は次の通りです: Windows Vista, Windows 7, Windows 8/8.1, Windows 10(各64bit版対応) Windows Server 2008/R2, および Windows Server 2012/R2(AOSBOX Businessのみ) ※GUIコンポーネントがインストールされている必要があります。Windows Serverで、Server Coreのインストールをした場合などGUIを持たない場合は対応しません。 上記のOSが正常に動作し、かつ512MB以上のメモリ。 Intel Pentium® 4 または, AMD Athlon™ 64 以上のプロセッサー 200 MB 以上のハードディスク空き容量(プログラムファイル用。バックアップを行うには、バックアップされるファイル群のうち一番サイズの大きいファイル分の空き容量が追加で必要になります。) 128kbps以上(推奨512kbps以上)のインターネット接続環境 1024x768以上の画面解像度   Macintosh: クライアントは、Macintoshでは動作しません。しかし、Webブラウザーを使用してWeb管理ページにアクセスすることができます。   AOSBOX Web管理ページ: AOSBOX Web管理ページにアクセスするには、最新のブラウザーをご利用ください。以下のブラウザーを使用することを推奨します: Internet Explorer 7 以上 Mozilla Firefox 3 以上 Google Chrome   モバイル端末: AOSBOXは、iPhone, iPad, iPod […]

Read More
BusFeat

パソコンのバックアップを構成するには?

パソコンのバックアップを構成するには、最初にAOSBOXをパソコンにインストールします: * サーバー のバックアップを構成するには こちら  AOSBOX Web管理ページにアクセスしてログインします。 ホーム から AOSBOXをダウンロード をクリックして、AOSBOXセットアップファイルをダウンロードします。 ダウンロードしたセットアップファイルを実行して、インストールウィザードの画面に表示される手順に従い、インストールを行います。 インストール完了後、AOSBOXを実行してログインします。 バックアップしたい項目を選択します。3つのタブがあります: おまかせバックアップ:  バックアップするファイルやフォルダーをカテゴリーで選択できます。フォルダーの具体的な場所を意識せずバックアップが可能です。 選んでバックアップ: Windowsエクスプローラ風のインターフェイスを使用して、簡単にマイ コンピューターからアクセス可能な任意の場所のファイルとフォルダーを指定できます。 コールドストレージ(AOSBOX Businessのみ表示): ほとんどアクセスされないデータに最適な、安全で信頼性の高く非常に低コストのストレージです。通常のストレージとの間の差は、復元に3~5時間を要することです。 AOSBOX Coolの場合、コールドストレージ タブは表示されませんが、おまかせバックアップ、および おまかせバックアップ で選択されたファイルは、すべてコールドストレージにバックアップされます。 バックアップ設定を指定します。 スケジュールの設定: AOSBOXがファイルをバックアップする頻度や時間を設定します。 セキュリティ設定: バックアップしたファイルにアクセスするために、アカウントのパスワードのみにするか、二重にパスワードを指定するかを設定します。セキュリティ設定は、初回のバックアップ構成時のみ選択可能です。 帯域幅調整: AOSBOXが通信に使用できるネットワーク量を調整します。速度を制限することによって、他のネットワークを使用するアプリケーションへの影響を抑えることができます。 デュアルバックアップ: デュアルバックアップは、オンラインストレージにバックアップするのと同時に、外部ドライブやネットワークドライブにもバックアップデータを保存します。復元にかかる時間を低減することができます。 【以下の内容は、AOSBOX Businessのみに適用されます】 ポリシーが割り当てられたユーザー は、セットアップファイルをインストールし、ユーザーのアカウントにログインしたら、初回バックアップは手動で設定しなくても、自動的に構成されます。

Read More
Both

コールドストレージからファイルを復元するには?

方法1:AOSBOX Web管理ページから AOSBOX Web管理ページにアクセスしてログインします。 マイコンピューター タブをクリックします。 コンピューターのコンボボックスから、復元したいデータのあるコンピューター名を選択します。 最初に コールドストレージ フォルダーを選択し、その配下の復元したいファイルをクリックするか、複数のファイル/フォルダーにチェックを入れて ダウンロード ボタンをクリックします。 表示されたウィンドウで 開始 をクリックします。約3〜5時間で、選択したファイルにアクセスするためのリンクが記載されたメールが届きます。 メール内のリンクをクリックして開き、復元したいファイルを選択して ダウンロード ボタンをクリックします。 ダウンロード可能なファイルサイズには制限があります。大きいファイルは方法 2を使用することをおすすめします。   方法2: パソコンから タスクトレイのAOSBOXアイコンを右クリックして AOSBOX ホーム画面を表示する をクリックします。 復元 をクリックします。 表示されるウィンドウ(AOSBOX復元ユーティリティ)のコンボボックスから、復元するデータのあるコンピューター名を選択します。 最初に コールドストレージ フォルダーを選択し、その配下の復元したいファイル/フォルダーにチェックを入れて 次へ をクリックします。 復元する場所、および復元オプションを設定して  次へ をクリックします。 AOSBOXは、復元するファイルを計算し、タスクトレイに復元準備中を示すアイコンが表示されます。 復元されるまで、約3〜5時間かかります。復元中はパソコンの電源を入れたままにしてください。復元の準備ができたファイルから順次復元されます。復元ユーティリティのウィンドウは他の作業の邪魔にならないように、最小化することができます。 選択したファイルが、1日に復元可能な容量を超えている場合、復元には数日かかることがあります。 アーカイブされたコンピューターから復元する場合も、同じ手順で行います。  

Read More
BusFeat

通常のストレージからファイルを復元するには?

【NOTE】この内容は、AOSBOX Businessをご利用の場合のみに適用されます。   方法1:AOSBOX Web管理ページから AOSBOX Web管理ページにアクセスしてログインします。 マイコンピューター タブをクリックします。 コンピューターのコンボボックスから、復元したいデータのあるコンピューター名を選択します。 復元したいファイルをクリックするか、複数のファイル/フォルダーにチェックを入れて ダウンロード ボタンをクリックします。   方法2: パソコンから タスクトレイのAOSBOXアイコンを右クリックして AOSBOX ホーム画面を表示する をクリックします。 復元 をクリックします。 表示されるウィンドウ(AOSBOX復元ユーティリティ)のコンボボックスから、復元するデータのあるコンピューター名を選択します。 復元したいファイル/フォルダーにチェックを入れて 次へ をクリックします。 復元する場所、および復元オプションを設定して  次へ をクリックします。 復元完了までお待ちください。 アーカイブされたコンピューターから復元する場合も、同じ手順で行います。

Read More
BusFeat

ユーザーを追加するには?

【NOTE】この内容は、AOSBOX Businessをご利用の場合のみに適用されます。   ユーザーを追加するには、以下の操作を行います: AOSBOX Web管理ページにアクセスしてログインします。 ホーム タブの クイックリンク から ユーザーの追加 をクリックするか、ユーザー タブをクリックして ユーザーの追加 をクリックします。 3つの方法のいずれかを使用して、ユーザーを追加します: 手動で追加 メールで招待 csvファイルで一括追加    

Read More
BusFeat

ポリシーを作成するには?

【NOTE】この内容は、AOSBOX Businessをご利用の場合のみに適用されます。   ポリシーを作成するには、次の操作を行います: AOSBOX Web管理ページにアクセスしてログインします。 ポリシー タブをクリックします。 ポリシーの作成 をクリックします。 ポリシーの名前 を入力します。 通常のストレージにバックアップする項目、コールドストレージにバックアップする項目、バックアップから除外する項目、スケジュールや帯域幅調整などを設定します。 保存 をクリックします。

Read More