BusFeat

ポリシー設定で、「独自パスワードの設定を許可する」を有効にした場合、ログイン時にパスワードキャンセルするとパソコン1台がカウントされてしまいます。

【以下の内容は、AOSBOX Businessのみに適用されます】 これは仕様となっております。 ポリシー設定でこのオプションが有効になっているユーザーは、ログイン時の暗号化パスワードの入力は必ず指定してください。 なお、この方法で無効なパソコンを追加してしまった場合は、AOSBOXからパソコンを削除する方法 をご覧の上、不要なパソコンを削除してください。  

Read More
Both

Web管理ページやAOSBOXクライアントがブロックされます。これはなぜですか?

お使いのセキュリティソフト(アンチウイルス、ファイアウォールなど)がAOSBOXの動作に影響を与えていることが考えられます。各セキュリティの監視対象外(ホワイトリスト)にAOSBOXの実行ファイルを追加することを検討してください。 代表的なセキュリティソフトの操作方法を、以下に示します:  

Read More
Both

コールドストレージは安全ですか?

コールドストレージは多重暗号化でデータを保護します。 パソコン側で 256bit-AES による暗号化の施行 通信に SSL(Secure Sockets Layer)を使用 (※) サーバー側で 256bit-AES による暗号化の施行 これは、通常のストレージと同じ方法です。 (※)通常、SSL通信はポート番号443を使用しますが、AOSBOXは通常のHTTPポート番号(80)を使用します。任意でポート番号443を使用するように設定できますが、プロトコルの仕様上バックアップ速度が低下します。AOSBOXは通常のHTTPポート番号を使用する場合も、すべての通信を暗号化します。 AOSBOXのセキュリティについての詳細については、 ここ をクリックします。  

Read More
Both

独自の暗号化パスワードを変更するには?

初回バックアップ構成時に独自のパスワードを設定した場合、このパスワードを削除したり変更することはできません。このパスワードを変更したい場合は、バックアップを最初からやり直すことになります。 バックアップを最初からやり直してパスワードを再設定するには、一度AOSBOXアプリをアンインストールして再度インストールします。アンインストールの際は、「AOSBOXの設定を保持する」のチェックを外してください。 再インストール後は 独自の暗号化パスワードを指定することはできますか? を参考に設定を進めてください。 AOSBOXは、この方法でバックアップを最初からやり直した場合、「別の新しいパソコン」として扱います。そのため、この操作を行う前にAOSBOX Web管理ページにアクセスしてログインして、現在のパソコンを アーカイブ するか 削除 しなければならないことがあります。 AOSBOX Coolの場合、同時にバックアップ可能なパソコンが1台のみとなっておりますので、上記操作を行う前に、パソコンのアーカイブまたは削除を行う必要があります。

Read More
Both

独自の暗号化パスワードを指定することはできますか?

はい。可能ですが、初回のバックアップ構成時のみ、独自の暗号化パスワードを指定できます。 現在、バックアップが構成されていて独自のパスワードを設定したい場合は、一度AOSBOXをアンインストールして、バックアップを再構成する必要があります。アンインストール時、AOSBOXの設定を保持する(後で再インストールする場合に推奨)のチェックボックスを外してから続行し、アンインストール後にAOSBOXを再インストールしてください。 AOSBOX Businessをお使いの場合、独自のパスワード設定したいユーザーに対しては、いかなるポリシーも適用できません。 独自のパスワードを設定するには: 初回バックアップ構成ウィザードの バックアップ設定 から、セキュリティ設定 の (変更) をクリックします。 以下のパスワードを使用する のラジオボタンを選択します。 パスワードを入力します。同じパスワードを パスワードの確認 に入力します。 ✅ をクリックして適用します。 独自の暗号化パスワードを指定すると、パスワードを忘れた場合にファイルを復元することができなくなりますので、安全な場所に保管してください。  

Read More
Both

AOSBOXは安全ですか?

パソコン上にファイルを保存しておくよりも、AOSBOXに保存されている間、あなたのファイルは実際に安全です。 他の人はあなたのファイルを見ることはできません。また、あなたは他の人のファイルを見ることもできません。 AOSBOXのスタッフも同様に、あなたのファイルの内容にアクセスすることはできません。 ほとんどのオンラインサービスと同様、AOSBOXのスタッフのごく一部は、当社のプライバシーポリシーに記載されている理由のために、ユーザーのメタデータ(ファイル内容以外の情報。たとえばファイル名や場所)にアクセスできる必要があります(合法的に必要な処置を行うため)。 詳細情報 AOSBOXは、複数の暗号化方式を使用してデータを格納します。 ファイルはアップロードされる前に、パソコン側で 256bit-AES を用いて暗号化されます。任意で 独自のパスワードを設定する ことも可能です。 通信に SSL(Secure Sockets Layer)を使用します。 (※) Amazon S3 ストレージサーバー側での暗号化(SSE)を使用して暗号化されます。詳細については、Amazonのセキュリティの概要をご確認ください:  http://aws.amazon.com/articles/1697 (英語) 共有ファイルは、受信者のパソコンで復号化されます。 独自の暗号化パスワードを指定すると、パスワードを忘れた場合にファイルを復元することができなくなりますので、安全な場所に保管してください。 (※)通常、SSL通信はポート番号443を使用しますが、AOSBOXは通常のHTTPポート番号(80)を使用します。任意でポート番号443を使用するように設定できますが、プロトコルの仕様上バックアップ速度が低下します。AOSBOXは通常のHTTPポート番号を使用する場合も、すべての通信を暗号化します。

Read More