Both

デュアルバックアップを有効にするには?

デュアルバックアップは、次のようにして有効にできます: AOSBOXクライアントにて初回バックアップ構成時: 初回バックアップ設定のステップ3の バックアップ設定 にて、(デュアルバックアップのセットアップ) をクリックします。 表示されるウィンドウで、 デュアルバックアップを有効にする にチェックを入れます。 参照 をクリックして、デュアルバックアップの保存先を指定します。これは、外付けハードディスクやネットワークドライブを指定することをおすすめします。 任意で、デュアルバックアップの最大サイズの指定や、フィルターを設定します。 ✅ をクリックして適用し、初回バックアップ設定を完了させます。     AOSBOXクライアントにて初回バックアップ設定完了後に行う場合: AOSBOXのタスクトレイアイコンを右クリックして AOSBOX ホーム画面を表示する をクリックします。 AOSBOXホーム画面から 設定 をクリックします。 左ペインから、 デュアルバックアップ をクリックします。 デュアルバックアップを有効にする にチェックを入れます。 参照 をクリックして、デュアルバックアップの保存先を指定します。これは、外付けハードディスクやネットワークドライブを指定することをおすすめします。 ✅ をクリックして適用します。   ポリシーにて設定を行う場合: 【以下の方法は、AOSBOX Businessのみに適用されます】 AOSBOX Web管理ページにアクセスして、管理者でログインします ポリシー タブをクリックします。 ポリシーの作成 をクリックするか、既存のポリシーの列の 編集 アイコンをクリックします。 デュアルバックアップタブをクリックします。 デュアルバックアップを有効にする にチェックを入れます。 デュアルバックアップの保存先のフルパス(絶対フォルダーパス)を指定します。これは、外付けハードディスクやネットワークドライブを指定することをおすすめします。 保存 をクリックして、変更を保存します。 ポリシーをユーザーに割り当て します。  

Read More
Both

デュアルバックアップを使用することの利便性は何ですか?

バックアップを二重にすることによって、堅牢性を高めます。 復元にかかる時間を短縮します。特にコールドストレージにバックアップしているファイルに対して、より効果的です。 設定画面からデュアルバックアップを有効にするだけで使用できます。 いつでも、デュアルバックアップを有効/無効にできます。 デュアルバックアップのサイズは制限できます。ローカルドライブのすべての領域を占有することはありません。制限に達した際は、古いファイルから削除されていきます(オンラインにバックアップしたファイルは削除されません)。  

Read More
Both

デュアルバックアップとは何ですか?

デュアルバックアップは、オンラインストレージにバックアップを行うと同時に、指定した外付けハードディスクやネットワークドライブなどにバックアップを行います。バックアップを二重にすることで、より強力なデータ保護が行われ、また迅速な復元速度が実現できます。 ファイルを復元する際、AOSBOXはオンラインストレージにアクセスするより前に、最初にデュアルバックアップ内からチェックを行います。復元にかかる時間と、ネットワーク負荷を軽減できます。 デュアルバックアップ先として選択されたドライブ内に「AOSBOXHybrid」のようなフォルダーが作成されます。

Read More
Both

デュアルバックアップのサイズが制限に達するか、ディスクがいっぱいになった場合はどうなりますか?

AOSBOXは、新たにバックアップされたファイルのためのスペースを確保するために、デュアルバックアップ先のローカルディスクから古いファイルの削除します。この処理は、オンラインストレージのファイルを削除するものではないため、デュアルバックアップから削除されたファイルは、そのままオンラインストレージに残ります。

Read More