BusFeat

通常のストレージとコールドストレージにバックアップしようとした場合、二重にバックアップされる?

【以下の内容は、AOSBOX Businessのみに適用されます】 通常のストレージとコールドストレージにバックアップしようとしたファイルやフォルダーは、通常のストレージのみにバックアップされます。 コールドストレージにバックアップしたい場合、最初に おまかせバックアップ や 選んでバックアップ からそのファイル、またはファイルが含まれるカテゴリーのチェックを外し、コールドストレージ タブ内でそのファイルを選択してください。 コールドストレージでバックアップ済みのファイルは、後で通常のストレージにバックアップするように設定変更しても、それらのファイルは通常のストレージとしてバックアップされません。これらのファイルを通常のストレージとしてバックアップしたい場合は、一度コールドストレージから該当のファイルを削除してから、通常のストレージにバックアップするようにしてください。  

Read More
Both

コールドストレージは安全ですか?

コールドストレージは多重暗号化でデータを保護します。 パソコン側で 256bit-AES による暗号化の施行 通信に SSL(Secure Sockets Layer)を使用 (※) サーバー側で 256bit-AES による暗号化の施行 これは、通常のストレージと同じ方法です。 (※)通常、SSL通信はポート番号443を使用しますが、AOSBOXは通常のHTTPポート番号(80)を使用します。任意でポート番号443を使用するように設定できますが、プロトコルの仕様上バックアップ速度が低下します。AOSBOXは通常のHTTPポート番号を使用する場合も、すべての通信を暗号化します。 AOSBOXのセキュリティについての詳細については、 ここ をクリックします。  

Read More
Both

通常のストレージとコールドストレージの違いは何ですか?

コールドストレージは、復元に3~5時間以上の待機時間が発生する代わりに、長期間保管するために設計された非常に低コストで大容量のストレージです。 通常のストレージとコールドストレージは、次のような差があります: 通常のストレージは、Business版でのみ提供されています。  

Read More
BusFeat

「おまかせバックアップ」と「選んでバックアップ」の違いは何ですか?

バックアップデータ選択画面の「おまかせバックアップ」と「選んでバックアップ」は、次のような違いがあります: おまかせバックアップ あらかじめカテゴライズされた項目からバックアップしたい項目を選択することで、ファイルの絶対的な場所を意識しなくてもバックアップができます。 選んでバックアップ Windowsエクスプローラ風のインターフェイスを使用して、バックアップしたいファイルやフォルダーを選択します。   おまかせバックアップ と 選んでバックアップの両方で選択されたファイルは、1つのみバックアップされ、バックアップファイルは重複しません。 おまかせバックアップ は、いくつかのファイル拡張子 のために、ドライブ内のデータをスキャンします。  

Read More
BusFeat

通常のストレージからファイルを復元するには?

【NOTE】この内容は、AOSBOX Businessをご利用の場合のみに適用されます。   方法1:AOSBOX Web管理ページから AOSBOX Web管理ページにアクセスしてログインします。 マイコンピューター② タブをクリックします。 左ペインのパソコン/サーバー一覧から、復元したいデータのあるパソコン/サーバー③を選択します。 復元したいファイルをクリックするか、複数のファイル/フォルダーにチェックを入れて ダウンロード④ ボタンをクリックします。   方法2: パソコンから タスクトレイのAOSBOXアイコンを右クリックして AOSBOX ホーム画面を表示する をクリックします。 復元 をクリックします。 表示されるウィンドウ(AOSBOX復元ユーティリティ)のコンボボックスから、復元するデータのあるコンピューター名を選択します。 復元したいファイル/フォルダーにチェックを入れて 次へ をクリックします。 復元する場所、および復元オプションを設定して  次へ をクリックします。 復元完了までお待ちください。 アーカイブされたコンピューターから復元する場合も、同じ手順で行います。 この方法での復元の際には、作業領域として対象ファイルサイズ以上の空き領域が必要となります。  

Read More