Both

AOSBOXをダウンロードすると、拡張子がない状態でダウンロードされる

この問題は、Internet Explorerで確認されています。 もし発生した場合は、次の操作を行ってください。 Internet Explorerを実行します。 設定メニューから[インターネットオプション]をクリックします。 インターネットオプションのウィンドウで、セキュリティ タブをクリックします。 「保護モードを有効にする」のチェックを外して、「OK」をクリックします。 パソコンを再起動して、再度AOSBOXのダウンロードを行ってください。 ダウンロード後、拡張子が問題なく適用されていることを確認した後で、上記手順の通りに操作を行って、インターネットオプションの「保護モードを有効にする」のチェックを入れて適用してください。        

Read More
Both

ブロックレベル バックアップ

AOSBOXが実行されるたびに、新しいファイル、修正、および変更されたファイルは、バックアップに追加されます。小さなファイルは、より高速に処理が行えるよう、ファイル全体をバックアップします。 しかし、大きなファイルが変更された場合には、AOSBOXは変更部分をブロックレベルでバックアップすることができます。これは、データベースやOutlookの電子メールファイル(PST)などのように、大容量かつわずかな変更が発生するファイルに最適です。これらのようなファイルの全体をバックアップすることは非常に時間がかかるため、次回のバックアップ開始までにバックアップが完了しなくなり、それが永久にループすることになってしまうでしょう。 ブロックレベル バックアップは、5MB以上のファイルに対してのみ有効になります。 ブロックレベル バックアップ対象となるファイルは、スケジュール設定に関わらず24時間ごとにバックアップされるようになります。 ブロックレベル バックアップを行う拡張子を追加するには次の操作を行います: 方法1: パソコンから AOSBOXのタスクトレイアイコンを右クリックして AOSBOX ホーム画面を表示する をクリックします。 AOSBOXホーム画面から 設定 をクリックします。 左ペインから、 高度な設定 をクリックします。 ブロックレベル対象の拡張子 テキストボックスに、ブロックレベル バックアップを行いたいファイルの拡張子を入力します。複数の拡張子を指定する場合は、セミコロンで区切ってください。 ✅ をクリックして適用します。   方法2: Web管理ページから 【以下の方法は、AOSBOX Businessのみに適用されます】 AOSBOX Web管理ページにアクセスしてログインします。 ポリシー タブをクリックします。 ポリシー一覧上部の 全体の設定 をクリックします。 全般 タブの ブロックレベル バックアップを行う拡張子 ブロックレベル バックアップを行いたいファイルの拡張子を入力します。複数の拡張子を指定する場合は、セミコロンで区切ってください。 保存 をクリックして、変更を保存します。    

Read More
Both

シャドウコピー サービスによる、開いているファイルのバックアップ

既定では、AOSBOXはOutlookデータファイル (*.pst) を、Outlook実行中でもバックアップすることをサポートします。。このような開いているファイルに対して、AOSBOXではWindows サービスのボリュームシャドウコピー(VSS)を経由してバックアップします。 ボリュームシャドウコピーを経由して、開いているファイルであってもバックアップを行う拡張子を追加するには次の操作を行います: 方法1: パソコンから AOSBOXのタスクトレイアイコンを右クリックして AOSBOX ホーム画面を表示する をクリックします。 AOSBOXホーム画面から 設定 をクリックします。 左ペインから、 高度な設定 をクリックします。 VSS対象の拡張子 テキストボックスに、ボリュームシャドウコピーを経由して、開いているファイルであってもバックアップを行いたいファイルの拡張子を入力します。複数の拡張子を指定する場合は、セミコロンで区切ってください。 ✅ をクリックして適用します。   方法2: Web管理ページから 【以下の方法は、AOSBOX Businessのみに適用されます】 AOSBOX Web管理ページにアクセスしてログインします。 ポリシー タブをクリックします。 ポリシー一覧上部の 全体の設定 をクリックします。 全般 タブの シャドウコピーを行う拡張子 テキストボックスに、ボリュームシャドウコピーを経由して、開いているファイルであってもバックアップを行いたいファイルの拡張子を入力します。複数の拡張子を指定する場合は、セミコロンで区切ってください。 保存 をクリックして、変更を保存します。

Read More
Both

おまかせバックアップの各カテゴリーは、何をバックアップしますか?

メール:  次の種類のファイルが対象です Outlook *.pst(メールメッセージ、カレンダー、連絡先など) Outlook Express *.dbx(メールメッセージ)、*.wab(連絡先) Windows メール/Windows Live メール *.eml(メールメッセージ)、stationary files、community files、.oeaccount、 rules、および *.contact(連絡先) デスクトップ: デスクトップ上にあるすべてのファイルをバックアップします。 マイドキュメント: マイドキュメント/パブリックドキュメントフォルダーにあるすべてのファイルをバックアップします。 Office ファイル: デスクトップ、ドキュメントフォルダーからOfficeファイルをバックアップします。 *.doc;*.docx;*.dot;*.dotx;*.docm;*.dotm;*.txt;*.rtf;*.wri;*.abw; *.odt;*.ott;*.stw;*.vor;*.sdw;*.fodt;*.psw;*.vot;*.sxw;*.lwp;*.wpd; *.ppt;*.pps;*.pot;*.pptx;*.pptm;*.potx;*.potm;*.ppam;*.ppsx; *.ppsm;*.ppa;*.odp;*.otp;*.sxi;*.sti;*.sxd;*.sda;*.sdd;*.vop;*.odj; *.prz;*.shw;*.xls;*.xlt;*.xla;*.xlsx;*.xlsm;*.xltx;*.xltm;*.xlsb;*.xlam; *.ods*;.ots;*.sxc;*.stc;*.dif;*.slk;*.fods;*.pxl;*.vos;*.qpw;*.wk1; *.wk3;*.wk4;*.mdb;*.mdw;*.mda;*.adb;*.ade;*.accdb;*.accde; *.accdt;*.accdr;*.odb;*.apr;*.dbf;*.odf;*.sxm;*.pdx;*.vsd;*.vss; *.vst;*.vdx;*.vsx;*.vtx;*.odg;*.otg;*.std;*.fodg;*.pub;*.mpp; *.mpd;*.mpt;*.mpw;*.mpxFinancial 音楽ファイル: ユーザーとパブリックのミュージックフォルダーをバックアップします。 画像ファイル: ユーザーとパブリックのピクチャーフォルダーをバックアップします。 ビデオファイル: ユーザーとパブリックのビデオフォルダーをバックアップします。 ブックマーク: 次のブラウザーのお気に入り(ブックマーク)をバックアップします。 Internet Explorer Mozilla Firefox Google Chrome Opera Safari 会計ファイル: デスクトップ、ドキュメントフォルダーおよび以下のフォルダーから、次の種類のファイルをバックアップします。 C:\ProgramData C:\ACCP C:\OBCWIN C:\MSSQL7 *.mny;*.qbw;*.qel;*.qsd;*.qph;*.qbb;*.tax;*.t01;*.t02;*.t03;*.t04; *.t05;*.t06;*.t07;*.t08;*.t09;*.ptb;*.qdf;*.ypr;*.kyr;*.ypb;*.acc; […]

Read More
Both

バックアップに含める、または除外するファイルを条件式で指定するには?

方法1: パソコンから行う AOSBOXのタスクトレイアイコンを右クリックして AOSBOX ホーム画面を表示する をクリックします。 AOSBOXホーム画面から バックアップするデータの選択 をクリックします。 画面右上の ファイルフィルター  をクリックします。 追加 ボタンをクリックして、新しいフィルターを追加します。 フィルターを適用する場所(フォルダーパス)を選択します: すべてのパス: バックアップデータの選択画面で選択されているすべての場所にフィルターを適用します。 指定したパス: 指定した場所のみにフィルターを適用します。 条件式のみをバックアップするフィルターを作成するか、またはバックアップしないフィルターを作成するかを選択します: ファイル拡張子や条件式だけを含める ファイル拡張子や条件式だけを除外する 拡張子、または 条件式(正規表現) を入力します。 サイズや日付でフィルターすることもできます。次のオプションにチェックを入れ、値を指定します: 大きいファイルはバックアップしない 古いファイルはバックアップしない ✅ をクリックして保存します。   方法2: Web管理ページから 【以下の方法は、AOSBOX Businessのみに適用されます】 AOSBOX Web管理ページにアクセスしてログインします。 ポリシー タブをクリックします。 ポリシーの作成 をクリックするか、既存のポリシーの列の 編集 アイコンをクリックします。 全体的な除外項目 タブをクリックします。 バックアップから除外する拡張子を入力します。拡張子はセミコロンで区切って複数を指定できます(例: *.exe;*.html;*.docx)。 フォルダー単位で除外する場合は、フォルダー単位で除外 を開いてフォルダーの絶対パスを入力します。マイドキュメントなど、絶対パスを指定できない場合は 変数を挿入 をクリックすると対応できます。 保存 をクリックして、変更を保存します。 ポリシーをユーザーに割り当て します。  

Read More