BusFeat

手動でユーザーを追加するには

【NOTE】この内容は、AOSBOX Businessをご利用の場合のみに適用されます。 手動でユーザーを追加するには、次の操作を行います: AOSBOX Web管理ページにアクセスしてログインします。 ホーム タブの クイックリンク から ユーザーの追加 をクリックするか、ユーザー タブをクリックします。 ユーザーの追加 メニューから 手動で追加 クリックします。 手動で追加するためのページが開きます新しいユーザーの情報を入力し、[ユーザーの追加]ボタンをクリックします。 追加されたユーザーは、Web管理ページ からAOSBOXのクライアントをダウンロードして、割り当てられたメールアドレスとパスワードを使用してAOSBOXにログインします。  

Read More
Both

AOSBOXの右クリックメニュー オプション

AOSBOXには、Windows エクスプローラーの右クリックメニュー オプションがあります。 バックアップに追加: バックアップされていないファイル/フォルダーを右クリックしたときにこのオプションが表示されます。 バックアップから削除: バックアップ済みのファイル/フォルダーを右クリックしたときにこのオプションが表示されます。 AOSBOX: サブメニューとして、削除されたファイルを表示する と 世代を表示 があります。 共有: (AOSBOX Businessのみ) 通常のストレージにバックアップされているファイル/フォルダーを右クリックしたときにこのオプションが表示されます。   右クリックメニューは、次のようにして有効/無効を変更できます: 方法1: パソコンから AOSBOXのタスクトレイアイコンを右クリックして AOSBOX ホーム画面を表示する をクリックします。 AOSBOXホーム画面から 設定 をクリックします。 左ペインから、 詳細設定 をクリックします。 右クリックメニューを有効にする をチェック、またはチェックを外して有効/無効を設定します。 ✅ をクリックして適用します。   方法2: Web管理ページから 【以下の方法は、AOSBOX Businessのみに適用されます】 AOSBOX Web管理ページにアクセスしてログインします。 ポリシー タブをクリックします。 ポリシーの作成 をクリックするか、既存のポリシーの列の 編集 アイコンをクリックします。 設定 タブをクリックします。 右クリックメニューを有効にする をチェック、またはチェックを外して有効/無効を設定します。 保存 をクリックして、変更を保存します。 ポリシーをユーザーに割り当て します。  

Read More
BusFeat

AOSBOXユーザーがパソコンを追加するには

【NOTE】この内容は、AOSBOX Businessをご利用の場合のみに適用されます。 バックアップするパソコンは、常にユーザーのもとに割り当てられます。 ユーザーにパソコンを追加するには、次の操作を行います。   AOSBOX Web管理ページにアクセスしてログインします。 ユーザー タブをクリックします。 新しいユーザーを追加したい場合は、ここ をご覧ください。 パソコンを追加したいユーザーの行の右にある 操作 コンボボックスをクリックして開き、パソコンを追加 をクリックします。 表示されるウィンドウ内の 今すぐダウンロード をクリックして、AOSBOXセットアップファイルをダウンロードします。 セットアップファイルを追加したいパソコンで実行し、AOSBOXをインストールします。 インストール後、AOSBOXクライアントを実行し、ユーザーのメールアドレスとパスワードを使用してログインします。 ログイン後、AOSBOX Web管理ページ のユーザー タブで、ログインしたパソコンが追加されていることを確認します。   各Business版アカウントのユーザーは、3台までのパソコンをバックアップできます。    

Read More
Both

任意のバックアップしたいファイルを追加するには?

方法 1: AOSBOXのタスクトレイアイコンを右クリックして AOSBOX ホーム画面を表示する をクリックします。 AOSBOXホーム画面から バックアップするデータの選択 をクリックします。 おまかせバックアップ、選んでバックアップ、およびコールドストレージ タブから、バックアップしたいカテゴリー、ファイルやフォルダーを指定します。 表示されるタブは、現在ご利用のAOSBOXプランによって異なります。 ✅ をクリックして適用します。 AOSBOX Businessの場合、えらんでバックアップタブとコールドストレージタブで同じデータが選択されている場合、ファイルは通常のストレージにアップロードされ、コールドストレージにはアップロードされなくなります。     方法 2: Windows エクスプローラーから、バックアップしたいファイル/フォルダー/ドライブを右クリックして、表示されたメニューから バックアップに追加 をクリックします。 任意のファイルを右クリックしたときに、コンテキストメニューでAOSBOXのオプションが表示されない場合は、このオプションを有効 にしてください。 AOSBOX Businessの場合は、バックアップ先のストレージを選択できます。 通常のストレージ: 選択されたデータは、通常のストレージにアップロードされます。 コールドストレージ: 選択されたデータは、コールドストレージにアップロードされます。 ネットワークの場所をバックアップするためにこの方法を使用する場合は、そのネットワークの場所をドライブとして割り当て、資格情報を保存できるようにする必要があります。 方法3: 【以下の方法は、AOSBOX Proのみに適用されます】 AOSBOX Web管理ページにアクセスしてログインします。 ポリシー タブをクリックします。 ポリシーの作成 をクリックするか、既存のポリシーの列の 編集 アイコンをクリックします。 通常のストレージのデータ、またはコールドストレージのデータ タブから、バックアップしたいカテゴリー、ファイルやフォルダーを追加します。 保存 をクリックして、変更を保存します。 ポリシーをユーザーに割り当て します。

Read More