BusFeat

【以下の内容は、AOSBOX Businessのみに適用されます】

各ユーザーのデータは個別のアクセス資格情報によって保護されているため、管理者はその資格情報を持たない限り各ユーザーのデータにアクセスすることはできません。

しかし、いくつかのケース、例えば従業員が退職した場合、管理者は、その元従業員のデータにアクセスする必要があることになるかもしれません。アクセス資格情報がない管理者は、以下の方法でこれを達成できるようになります:

  1. AOSBOX Web管理ページにアクセスして、管理者でログインします。
  2. ユーザー タブをクリックします。
  3. ユーザーの 動作 コンボボックスから パスワードをリセット をクリックします。
  4. 新しいパスワードを指定します。確認のためもう一度入力します。
  5. 管理者からログアウトして、ユーザーのメールアドレスと変更したパスワードを使用してログインします。

パソコンにインストールしたAOSBOXクライアントは、ユーザーに割り当てられたパスワードの変更を検知すると、いったんログアウトされバックアップは停止します。バックアップを再開するには、新しいパスワードを使用してログインします。