Both

ストレージがいっぱいになってしまいましたが、空き容量を確保するにはどうすれば良いですか?

AOSBOXクライアントやWeb管理ページに表示されているストレージ使用容量は、現在あなたがバックアップしているパソコンだけでなく、アカウント全体で使用されているストレージ使用量、およびアーカイブされたパソコンのデータも含まれます。 空き容量を確保するには、次の操作のいずれかを行います: 必要のない バックアップデータを削除 します。 パソコンでファイルを削除しても、オンラインストレージ上のファイルは削除されません。それらのファイルをオンラインストレージ上からも削除するには、Web管理ページから マイコンピュータ タブを開き、詳細 メニュー内の 削除されたファイルを表示 をクリックします。パソコン上で削除されたファイルは、ファイル名が赤で表示されます。 不要な ファイルの世代を削除 します。 不要な パソコンを削除 します。アーカイブされたパソコン が不要になった場合も同じ操作で削除できます。  

Read More
Both

どうすれば恒久的にバックアップからファイルを削除することができますか?

Web管理ページから行う: AOSBOX Web管理ページにアクセスしてログインします。 マイコンピューター タブをクリックします。 コンピューターのコンボボックスから、削除したいデータのあるコンピューター名を選択します。 削除したいファイル/フォルダーにチェックを入れて 削除アイコン をクリックします。 削除したファイルは二度と復元できなくなりますので、選択内容をご確認の上実行してください。 既にパソコンから削除されているファイルをバックアップからも削除したい場合は、詳細 メニューから 削除したファイルを表示 をクリックします。パソコンから削除されているファイルが赤色で表示されるようになります。

Read More
Both

バックアップした後パソコンのファイルを削除すると、バックアップからも削除されるのですか?

AOSBOXでは、バックアップしたファイルはパソコンのそのファイルを削除しても、バックアップからは削除されませんが、既定の設定では復元時に表示されなくなります。これらのファイルを復元するには、次の操作を行います:   Web管理ページから行う: AOSBOX Web管理ページにアクセスしてログインします。 マイコンピューター タブをクリックします。 コンピューターのコンボボックスから、復元したいデータのあるコンピューター名を選択します。 詳細 メニューから 削除したファイルを表示 。 パソコンから削除されたファイルは、薄い赤色で表示されます。復元したいファイルを選択してダウンロードします。   AOSBOXプログラムから: AOSBOXのタスクトレイアイコンを右クリックして AOSBOX ホーム画面を表示する をクリックします。 AOSBOXホーム画面から 復元 をクリックします。 表示されるウィンドウ(AOSBOX復元ユーティリティ)のコンボボックスから、復元するデータのあるコンピューター名を選択します。 画面下部の 削除されたファイルを表示/復元 にチェックを入れます。 パソコンから削除されたファイルは、薄い赤色で表示されます。復元したいファイルを選択して、復元作業を進めます。   Windows エクスプローラーから: Windows エクスプローラーで、復元したいファイルのあるフォルダーを右クリックし、AOSBOX > 削除されたファイルを表示 をクリックします。 Web管理ページが開きます。表示されるウィンドウから、ダウンロードしたいファイルを選択します。 任意のファイルを右クリックしたときに、コンテキストメニューでAOSBOXのオプションが表示されない場合は、このオプションを有効 にしてください。

Read More
Both

AOSBOXからパソコンを削除する方法

パソコンにAOSBOXをインストールし、バックアップを設定するたびに、新しいパソコンとしてAOSBOXアカウントに追加されます。 特定のパソコンのバックアップを停止して、ストレージから削除する必要がある場合は、AOSBOXからパソコンを削除します。パソコンを削除するには、次の操作を行ってください: パソコンを削除した時点で、そのパソコンからバックアップされたデータはすべて消去され、一切アクセスできなくなりますので、選択内容にご注意の上操作を進めてください。   AOSBOX Cool、またはAOSBOX Businessで管理者権限を持たないユーザーの場合: AOSBOX Web管理ページにアクセスしてログインします。 マイコンピューター タブをクリックします。 コンピューターのコンボボックスから、削除したいパソコンの名前を選択します。 詳細 メニューから コンピューターを削除する をクリックします。 確認メッセージが表示されますので、 OK をクリックして削除します。   AOSBOX Businessで管理者権限を持つユーザーの場合: AOSBOX Web管理ページにアクセスしてログインします。 ユーザー タブをクリックします。 削除したいパソコンの所有ユーザーの コンピューター 列にある 表示 のリンクをクリックします。 削除したいパソコンの 動作 コンボボックスから パソコンを削除する をクリックします。 確認メッセージが表示されますので、 OK をクリックして削除します。  

Read More
BusFeat

ユーザーのポリシーの割り当てを解除するには?

【以下の内容は、AOSBOX Businessのみに適用されます】 ユーザーのポリシーの割り当てを解除するには、以下の操作を行います。なお、ポリシーを削除するには、そのポリシーに割り当てられたすべてのユーザーの割り当てを解除する必要があります。 AOSBOX Web管理ページにアクセスして、管理者でログインします。 ユーザー タブをクリックします。 ポリシーを解除したいユーザーの 動作 コンボボックスから ポリシーを削除 をクリックします。 ポリシー削除後、該当のユーザーが使用するパソコンで、改めてバックアップの設定を行うことになります。バックアップの設定を促すメッセージは、ポリシー削除後数分~数十分で表示されます。  

Read More
Both

Windowsエクスプローラーからバックアップしたり削除できますか?

AOSBOXは、お使いのパソコンのエクスプローラーから、マウス右クリックで直接任意のファイル、フォルダ、外部またはローカルドライブをバックアップすることができます。 任意のファイルを右クリックしたときに、コンテキストメニューでAOSBOXのオプションが表示されない場合は、このオプションを有効 にしてください ファイル、フォルダ、外部またはローカルドライブを追加するには: Windowsエクスプローラーで、バックアップしたいファイル、フォルダ、外部またはローカルドライブを右クリックして、バックアップに追加 をクリックします。 ファイル、フォルダ、外部またはローカルドライブをバックアップから削除するには: Windowsエクスプローラーで、バックアップから削除したいファイル、フォルダ、外部またはローカルドライブを右クリックして、バックアップから削除 をクリックします。

Read More
Both

パソコンをアーカイブするには?

パソコンにAOSBOXをインストールしてログインたびに、新しいパソコンとしてAOSBOXアカウントに追加されます。 特定のパソコンを、以後のバックアップを行わず復元のみ可能な状態としてオンラインストレージに残しておきたい場合には、パソコンのアーカイブを行うのが最適です。次の方法でパソコンをアーカイブできます: アーカイブされたパソコンのバックアップは停止し、二度と再開できなくなります。復元のみ可能な状態になります。 アーカイブすると使用中パソコンの台数が減少して、他の新しいパソコンでバックアップを開始できるようになります。ただし、ストレージの使用量は減少しません。 AOSBOX Coolの場合 AOSBOX Web管理ページにアクセスしてログインします。 マイコンピューター タブをクリックします。 コンピューターのコンボボックスから、アーカイブしたいコンピューター名を選択します。 詳細 をクリックして アーカイブする をクリックします。 確認メッセージで はい をクリックします。 AOSBOX Businessの場合 AOSBOX Web管理ページにアクセスしてログインします。 ユーザー タブをクリックします アーカイブしたいパソコンの所有ユーザーの コンピューター 列にある 表示 のリンクをクリックします。 アーカイブしたいパソコンの 動作 コンボボックスから パソコンをアーカイブ をクリックします。 確認メッセージで OK をクリックします。  

Read More
Both

AOSBOXの右クリックメニュー オプション

AOSBOXには、Windows エクスプローラーの右クリックメニュー オプションがあります。 バックアップに追加: バックアップされていないファイル/フォルダーを右クリックしたときにこのオプションが表示されます。 バックアップから削除: バックアップ済みのファイル/フォルダーを右クリックしたときにこのオプションが表示されます。 AOSBOX: サブメニューとして、削除されたファイルを表示する と 世代を表示 があります。 共有: (AOSBOX Businessのみ) 通常のストレージにバックアップされているファイル/フォルダーを右クリックしたときにこのオプションが表示されます。   右クリックメニューは、次のようにして有効/無効を変更できます: 方法1: パソコンから AOSBOXのタスクトレイアイコンを右クリックして AOSBOX ホーム画面を表示する をクリックします。 AOSBOXホーム画面から 設定 をクリックします。 左ペインから、 詳細設定 をクリックします。 右クリックメニューを有効にする をチェック、またはチェックを外して有効/無効を設定します。 ✅ をクリックして適用します。   方法2: Web管理ページから 【以下の方法は、AOSBOX Businessのみに適用されます】 AOSBOX Web管理ページにアクセスしてログインします。 ポリシー タブをクリックします。 ポリシーの作成 をクリックするか、既存のポリシーの列の 編集 アイコンをクリックします。 設定 タブをクリックします。 右クリックメニューを有効にする をチェック、またはチェックを外して有効/無効を設定します。 保存 をクリックして、変更を保存します。 ポリシーをユーザーに割り当て します。  

Read More
Both

バックアップに含める、または除外するファイルを条件式で指定するには?

方法1: パソコンから行う AOSBOXのタスクトレイアイコンを右クリックして AOSBOX ホーム画面を表示する をクリックします。 AOSBOXホーム画面から バックアップするデータの選択 をクリックします。 画面右上の ファイルフィルター  をクリックします。 追加 ボタンをクリックして、新しいフィルターを追加します。 フィルターを適用する場所(フォルダーパス)を選択します: すべてのパス: バックアップデータの選択画面で選択されているすべての場所にフィルターを適用します。 指定したパス: 指定した場所のみにフィルターを適用します。 条件式のみをバックアップするフィルターを作成するか、またはバックアップしないフィルターを作成するかを選択します: ファイル拡張子や条件式だけを含める ファイル拡張子や条件式だけを除外する 拡張子、または 条件式(正規表現) を入力します。 サイズや日付でフィルターすることもできます。次のオプションにチェックを入れ、値を指定します: 大きいファイルはバックアップしない 古いファイルはバックアップしない ✅ をクリックして保存します。   方法2: Web管理ページから 【以下の方法は、AOSBOX Businessのみに適用されます】 AOSBOX Web管理ページにアクセスしてログインします。 ポリシー タブをクリックします。 ポリシーの作成 をクリックするか、既存のポリシーの列の 編集 アイコンをクリックします。 全体的な除外項目 タブをクリックします。 バックアップから除外する拡張子を入力します。拡張子はセミコロンで区切って複数を指定できます(例: *.exe;*.html;*.docx)。 フォルダー単位で除外する場合は、フォルダー単位で除外 を開いてフォルダーの絶対パスを入力します。マイドキュメントなど、絶対パスを指定できない場合は 変数を挿入 をクリックすると対応できます。 保存 をクリックして、変更を保存します。 ポリシーをユーザーに割り当て します。  

Read More