BusFeat

パソコンのバックアップを構成するには?

パソコンのバックアップを構成するには、最初にAOSBOXをパソコンにインストールします: * サーバー のバックアップを構成するには サーバーのバックアップを構成するには をご覧ください。 AOSBOX Web管理ページにアクセスしてログインします。 ホーム から AOSBOXをダウンロード をクリックして、AOSBOXセットアップファイルをダウンロードします。 ダウンロードしたセットアップファイルを実行して、インストールウィザードの画面に表示される手順に従い、インストールを行います。 インストール完了後、AOSBOXを実行してログインします。 バックアップしたい項目を選択します。3つのタブがあります: おまかせバックアップ:  バックアップするファイルやフォルダーをカテゴリーで選択できます。フォルダーの具体的な場所を意識せずバックアップが可能です。 選んでバックアップ: Windowsエクスプローラ風のインターフェイスを使用して、任意の場所のファイルとフォルダーを指定できます。 コールドストレージ(AOSBOX Businessのみ表示): ほとんどアクセスされないデータに最適な、安全で信頼性の高く非常に低コストのストレージです。通常のストレージとの間の差は、復元に3~5時間を要することです。 AOSBOX Coolの場合、コールドストレージ タブは表示されませんが、おまかせバックアップ、および おまかせバックアップ で選択されたファイルは、すべてコールドストレージにバックアップされます。 バックアップ設定を指定します。 スケジュールの設定: AOSBOXがファイルをバックアップする頻度や時間を設定します。 セキュリティ設定: バックアップしたファイルにアクセスするために、アカウントのパスワードのみにするか、二重にパスワードを指定するかを設定します。セキュリティ設定は、初回のバックアップ構成時のみ選択可能です。 帯域幅調整: AOSBOXが通信に使用できるネットワーク量を調整します。速度を制限することによって、他のネットワークを使用するアプリケーションへの影響を抑えることができます。 デュアルバックアップ: デュアルバックアップは、オンラインストレージにバックアップするのと同時に、外部ドライブやネットワークドライブにもバックアップデータを保存します。復元にかかる時間を低減することができます。 次の画面に進み、初期設定の完了画面が表示された後、AOSBOXは指定されたスケジュール(既定の設定では2時間ごとの間隔)でバックアップを行います。これでバックアップの構成は完了となります。 【Business版のみ】ポリシーが割り当てられたユーザー は、セットアップファイルをインストールし、ユーザーのアカウントにログインしたら、初回バックアップは手動で設定しなくても、自動的に構成されます。

Read More
Both

おまかせバックアップの各カテゴリーは、何をバックアップしますか?

おまかせバックアップでは、あらかじめカテゴライズされた項目からバックアップしたい項目を選択することで、ファイルの絶対的な場所を意識しなくてもバックアップができます。 メール:  Outlook *.pst(メールメッセージ、カレンダー、連絡先など)。メールアカウントは対象外です。 Windowsストア版のメールアプリは対象外となります。 デスクトップ: デスクトップ上にあるすべてのファイルをバックアップします。 マイドキュメント: マイドキュメント フォルダーにあるすべてのファイルをバックアップします。 Office ファイル: デスクトップ、ドキュメントフォルダーからOfficeファイルをバックアップします。 *.doc;*.docx;*.dot;*.dotx;*.docm;*.dotm;*.txt;*.rtf;*.wri;*.abw; *.odt;*.ott;*.stw;*.vor;*.sdw;*.fodt;*.psw;*.vot;*.sxw;*.lwp;*.wpd; *.ppt;*.pps;*.pot;*.pptx;*.pptm;*.potx;*.potm;*.ppam;*.ppsx; *.ppsm;*.ppa;*.odp;*.otp;*.sxi;*.sti;*.sxd;*.sda;*.sdd;*.vop;*.odj; *.prz;*.shw;*.xls;*.xlt;*.xla;*.xlsx;*.xlsm;*.xltx;*.xltm;*.xlsb;*.xlam; *.ods*;.ots;*.sxc;*.stc;*.dif;*.slk;*.fods;*.pxl;*.vos;*.qpw;*.wk1; *.wk3;*.wk4;*.mdb;*.mdw;*.mda;*.adb;*.ade;*.accdb;*.accde; *.accdt;*.accdr;*.odb;*.apr;*.dbf;*.odf;*.sxm;*.pdx;*.vsd;*.vss; *.vst;*.vdx;*.vsx;*.vtx;*.odg;*.otg;*.std;*.fodg;*.pub;*.mpp; *.mpd;*.mpt;*.mpw;*.mpx 音楽ファイル: ユーザーのミュージックフォルダーをバックアップします。 画像ファイル: ユーザーのピクチャーフォルダーをバックアップします。 ビデオファイル: ユーザーのビデオフォルダーをバックアップします。 ブックマーク: 次のブラウザーのお気に入り(ブックマーク)をバックアップします。 Microsoft Internet Explorer Mozilla Firefox Google Chrome Opera Microsoft Edgeのブックマークは対象外です。 会計ファイル: デスクトップ、ドキュメントフォルダーおよび以下のフォルダーから、次の種類のファイルをバックアップします。 C:\ProgramData C:\ACCP C:\OBCWIN C:\MSSQL7 *.mny;*.qbw;*.qel;*.qsd;*.qph;*.qbb;*.tax;*.t01;*.t02;*.t03;*.t04; *.t05;*.t06;*.t07;*.t08;*.t09;*.ptb;*.qdf;*.ypr;*.kyr;*.ypb;*.acc; *.saccp;*.jbi;*.jbf;*.ldf;*.mdf;*.hb1;*.hb2;*.hb3;*.hb4;*.hb5;*.hb6; *.hb7;*.hb8;*.hb9;*.hb10;*.hb11;*.hb12;*.hb13;*.hb14;*.hb15; *.hb16;*.he1;*.he2;*.he3;*.he4;*.he5;*.he6;*.he7;*.he8;*.he9; *.he10;*.he11;*.he12;*.he13;*.he14;*.he15;*.he16;*.klb1;*.klb2; *.klb3;*.klb4;*.klb5;*.klb6;*.klb7;*.klb8;*.klb9;*.klb10;*.klb11; *.klb12;*.klb13;*.klb14;*.klb15;*.klb16;*.hlx1;*.hlx2;*.hlx3;*.hlx4; […]

Read More
BusFeat

ポリシーを作成するには

【NOTE】この内容は、AOSBOX Businessをご利用の場合のみに適用されます。   ポリシーを作成するには、次の操作を行います: AOSBOX Web管理ページにアクセスしてログインします。 ポリシー タブをクリックします。 ポリシーの作成 をクリックします。 ポリシーの名前 を入力します。 通常のストレージにバックアップする項目、コールドストレージにバックアップする項目、バックアップから除外する項目、スケジュールや帯域幅調整などを設定します 保存 をクリックします。 ポリシーの詳細な設定方法については、ポリシーの作成と管理 をご覧ください。

Read More
BusFeat

サーバーのバックアップを構成するには

【以下の内容は、AOSBOX Businessのみに適用されます】 サーバーのバックアップを行うには、以下の操作を行います。 ※サーバーは、Windows Serverで、GUIをもつものに限られます。Linux OSをベースとしたサーバーは、次の方法でバックアップを構成することはできません。これらのサーバーは、他のWindowsパソコンでネットワークドライブとしてマウントしてバックアップを行ってください。 AOSBOX Web管理ページにアクセスしてログインします。 ユーザー/サーバー タブ①をクリックします。 サーバーを追加 ②をクリックします。 サーバーの追加 ボタンをクリックします。 ストレージ制限を行う場合は、これらを設定してから「サーバーの追加」ボタンをクリックしてください。 有効化トークンが表示されます。これはサーバーでクライアントにログインする際に必要な情報です。コピーまたはメモを取ってください。 AOSBOXセットアップファイルをダウンロードして、Windows Serverが搭載された端末で実行します。 セットアップウィザードに従って作業を進めます。 途中でWindowsログインユーザーの資格情報を入力する画面が表示されます。お使いのサーバー上で、管理者権限を持っているWindowsアカウントのユーザー名とパスワードを入力します。 このユーザーがドメインに参加している場合は、次のようにユーザー名の前にドメインを入力してください: ドメイン名¥ユーザー名 または ユーザー名@ドメイン名 セットアップウィザードが完了したら、AOSBOXを実行し、管理者でログインします。 ここで、Web管理ページでサーバーを追加する際にメモをした、有効化トークンを追加で入力します。 ログイン後、バックアップを構成します。詳細については、パソコンのバックアップを構成するには の手順5以降をご覧ください。  

Read More