Both

Web管理ページの「リモート復元」とは何ですか?

リモート復元は、Web管理ページからバックアップされているデータを、直接パソコンに復元する機能です。 Web管理ページでファイルを選択して、「詳細メニュー」の「リモート復元」をクリックするとWeb管理ページから該当のパソコンに復元できます。 以下のような仕様があります: 復元リクエストを送信してから最大15分の待機時間があります。 復元時には、AOSBOXの復元ユーティリティが実行されます。復元完了後自動的に閉じられません。 バックアップ元のファイルが既に存在していない場合(バックアップ元のパソコンから削除しているファイル。Web管理ページ上で赤く表示されているファイル)は復元できません。 同一ユーザーの同一パソコンに対しては、前回の復元が完了するまで次のリクエストを送信できません。同一ユーザーの別のパソコンにリモート復元リクエストを送信することは可能です。 コールドストレージのデータもリモート復元が可能です。開始後15分以内にAOSBOXの復元ユーティリティが実行されますが、コールドストレージの待機時間が適用されます。 リクエスト後15分以上、該当のパソコンが電源OFFまたはAOSBOXログアウト状態の時は、AOSBOXが有効になった時に復元が実行されます。

Read More
Both

コールドストレージとはなんですか?

コールドストレージとは、ほとんどアクセスされないデータのために最適な、非常に低コストで安全性と信頼性の高いストレージソリューションです。 他のサービスとは異なり、AOSBOXのコールドストレージは、長期間格納するために設計されています。定期的な削除の様な管理の必要がなく、使用されなくなったパソコンや外付けハードディスクなどデータを保管します。 AOSBOXのコールドストレージは、安全で信頼性の高いAmazon Glacierを利用しています。AOSBOXでは、Amazon Glacierをすべてのための実用的なソリューションとなりうるために、使いやすさを高めています。Amazon Glacierをそのまま利用するためには、多くの手続きが必要になりますが、AOSBOXではAOSBOXアカウントに登録するだけで利用可能な状態になります。 コールドストレージには、復元に3~5時間以上の待機時間が発生します。その他の機能(バックアップ、多重暗号化、および画像サムネールプレビューなど)は通常のストレージと同様に使用できます。

Read More
HomeFeat

保存容量に16EBと記載されています。どのような意味ですか?

AOSBOXでは容量無制限の意味で使っています。 16EB(エクサバイト)とはWindows 64bitOSで扱うことのできる最大ボリュームサイズとなります。 具体的には、16,000,000,000,000,000,000バイト = 16,000 ペタバイト = 16,000,000 テラバイトです。1 テラバイトのハードディスク1600万台分に相当します。

Read More
Both

コールドストレージにバックアップするには

AOSBOX Coolの場合: AOSBOX Coolは、コールドストレージのみを利用できます。バックアップデータを選択するには、次の操作を行います。 AOSBOXのタスクトレイアイコンを右クリックして AOSBOX ホーム画面を表示する をクリックします。 AOSBOXホーム画面から バックアップデータの選択 をクリックします。 おまかせバックアップ、または選んでバックアップ タブから、バックアップしたいカテゴリー、ファイルやフォルダーを指定します。   AOSBOX Businessの場合: 方法1 : パソコンから AOSBOXのタスクトレイアイコンを右クリックして AOSBOX ホーム画面を表示する をクリックします。 AOSBOXホーム画面から バックアップデータの選択 をクリックします。 コールドストレージタブから、バックアップしたいファイルやフォルダー、またはカテゴリーを指定します。   方法2: Web管理ページから AOSBOX Web管理ページにアクセスしてログインします。 ポリシー タブ①をクリックします。 ポリシーの作成 をクリックするか、既存のポリシーの列の 編集 アイコンをクリックします。 コールドストレージ タブ②から、バックアップしたいファイルやフォルダーを追加します。 保存 をクリックして、変更を保存します。 ポリシーをユーザーに割り当て します。    

Read More
BusFeat

通常のストレージとコールドストレージにバックアップしようとした場合、二重にバックアップされる?

【以下の内容は、AOSBOX Businessのみに適用されます】 通常のストレージとコールドストレージにバックアップしようとしたファイルやフォルダーは、通常のストレージのみにバックアップされます。 コールドストレージにバックアップしたい場合、最初に おまかせバックアップ や 選んでバックアップ からそのファイル、またはファイルが含まれるカテゴリーのチェックを外し、コールドストレージ タブ内でそのファイルを選択してください。 コールドストレージでバックアップ済みのファイルは、後で通常のストレージにバックアップするように設定変更しても、それらのファイルは通常のストレージとしてバックアップされません。これらのファイルを通常のストレージとしてバックアップしたい場合は、一度コールドストレージから該当のファイルを削除してから、通常のストレージにバックアップするようにしてください。  

Read More
BusFeat

コールドストレージとして選択したファイルが、コールドストレージにバックアップされていません。

【以下の内容は、AOSBOX Businessのみに適用されます】   これは、コールドストレージの他に、おまかせバックアップ や 選んでバックアップ で既に選択されているファイルであることが原因です。 AOSBOXは、コールドストレージよりも通常のストレージ(おまかせバックアップや選んでバックアップで選択されているファイル)を優先します。 コールドストレージにバックアップしたい場合は、最初に おまかせバックアップ や 選んでバックアップ からそのファイル、またはファイルが含まれるカテゴリーのチェックを外し、コールドストレージ タブ内でそのファイルを選択してください。 コールドストレージでバックアップ済みのファイルは、後で通常のストレージにバックアップするように設定変更しても、それらのファイルは通常のストレージとしてバックアップされません。これらのファイルを通常のストレージとしてバックアップしたい場合は、一度コールドストレージから該当のファイルを削除してから、通常のストレージにバックアップするようにしてください。  

Read More
Both

コールドストレージは安全ですか?

コールドストレージは多重暗号化でデータを保護します。 パソコン側で 256bit-AES による暗号化の施行 通信に SSL(Secure Sockets Layer)を使用 (※) サーバー側で 256bit-AES による暗号化の施行 これは、通常のストレージと同じ方法です。 (※)通常、SSL通信はポート番号443を使用しますが、AOSBOXは通常のHTTPポート番号(80)を使用します。任意でポート番号443を使用するように設定できますが、プロトコルの仕様上バックアップ速度が低下します。AOSBOXは通常のHTTPポート番号を使用する場合も、すべての通信を暗号化します。 AOSBOXのセキュリティについての詳細については、 ここ をクリックします。  

Read More
Both

どのような時にコールドストレージを使用する必要がありますか?

コールドストレージは、ほとんどアクセスされないデータを格納するための費用対効果の高い方法です。通常のストレージと異なる点は、ファイルの復元に3~5時間を要することです。 コールドストレージには、即時アクセスを必要としないデータ(保管用のファイルなど)をバックアップすることをおすすめします。コールドストレージは、低コストで大容量の代わりに、待機時間が発生するソリューションとなっております。

Read More
Both

通常のストレージとコールドストレージの違いは何ですか?

コールドストレージは、復元に3~5時間以上の待機時間が発生する代わりに、長期間保管するために設計された非常に低コストで大容量のストレージです。 通常のストレージとコールドストレージは、次のような差があります: 通常のストレージは、Business版でのみ提供されています。  

Read More