Both

デュアルバックアップは、次のようにして有効にできます:

AOSBOXクライアントにて初回バックアップ構成時:

  1. 初回バックアップ設定のステップ3の バックアップ設定 にて、(デュアルバックアップのセットアップ) をクリックします。
    Initial_Settings_Hybrid
  2. 表示されるウィンドウで、 デュアルバックアップを有効にする にチェックを入れます。
    参照 をクリックして、デュアルバックアップの保存先を指定します。これは、外付けハードディスクやネットワークドライブを指定することをおすすめします。
    任意で、デュアルバックアップの最大サイズの指定や、フィルターを設定します。
    Initial_Hybrid
  3. をクリックして適用し、初回バックアップ設定を完了させます。

AOSBOXクライアントにて初回バックアップ設定完了後に行う場合:

  1. AOSBOXのタスクトレイアイコンを右クリックして AOSBOX ホーム画面を表示する をクリックします。
  2. AOSBOXホーム画面から 設定 をクリックします。
    AOSBOX_Home_Button_Setting
  3. 左ペインから、 デュアルバックアップ ①をクリックします。
  4. デュアルバックアップを有効にする ②にチェックを入れます。
    参照 ③をクリックして、デュアルバックアップの保存先を指定します。これは、外付けハードディスクやネットワークドライブを指定することをおすすめします。
    Hybrid_Client
  5. をクリックして適用します。

 

ポリシーにて設定を行う場合:

【以下の方法は、AOSBOX Businessのみに適用されます】

  1. AOSBOX Web管理ページにアクセスして、管理者でログインします。
  2. ポリシー タブをクリックします。
  3. ポリシーの作成 をクリックするか、既存のポリシーの列の 編集 アイコンをクリックします。
  4. デュアルバックアップタブをクリックします。
  5. デュアルバックアップを有効にする にチェックを入れます。
    デュアルバックアップの保存先のフルパス(絶対フォルダーパス)を指定します。これは、外付けハードディスクやネットワークドライブを指定することをおすすめします。
    Policy_Setting_Hybrid
  6. 保存 をクリックして、変更を保存します。
  7. ポリシーをユーザーに割り当て ます。